スーツの男女

賃貸事務所を利用してスムーズ業務|ステキオフィスゲット

オフィスは賃貸の時代

女性

移転時には設備に注意

オフィス移転するのは自宅を引っ越すように簡単ににはいきません。お客様や業務に支障が出ないように事前に準備をしておくことと、その告知にもゆとりを持たせる必要があります。設備に注しなければならないのが、今の環境に対応しているかどうかです。電力の関係など転居先で電力が足りているのか、もし停電などが発生する場合に予備電力や自家発電が入っているのかなどです。LANや電力の配線関係で床上げ工事をする場合、そのゆとりがあるスペースなのかを調べておく必要がありますし、間仕切りなどを作るのであればビル側で許可が出るのかなどです。もちろん従業員が通いやすい環境を提供することも大事ですのでこういった心配りも注意しなければなりません。

固定費用の削減

今オフィスの持ち方として賃貸が人気です。自社ビルを持つことも素晴らしいのですが、環境は刻々と変化しています。固定資産を持たないという経営スタイルも今の時代に合致しています。そして業務の大きさに応じて賃貸する間取りも簡単に変更したりオフィス移転したりできるメリットがあります。経営規模に合わせたオフィス設計はコスト面でも最大の節約になります。通勤費などのコストダウンを図ることも可能です。従業員の住んでいる場所により近い場所に転居することで支払うコストをダウンさせることも可能で、賃貸であれば柔軟にオフィス移転ができるメリットがあります。このように現代ではオフィスは業務規模に合わせてオフィス移転を行い固定費用のコスト削減を第一に考える時代です。